Home » 異戦関ヶ原3 上方脱出 (歴史群像新書) by 中里 融司
異戦関ヶ原3 上方脱出 (歴史群像新書) 中里 融司

異戦関ヶ原3 上方脱出 (歴史群像新書)

中里 融司

Published June 29th 2004
ISBN :
Kindle Edition
224 pages
Enter the sum

 About the Book 

調略上手の家康に大坂城を奪われた石田三成は、佐和山城に退く。家康による近江諸城への反攻が開始されると、三成は丹波・亀山城の確保を狙った。しかし、自ら出陣したものの、城を陥落させる前に、大坂から後詰めの軍勢がやってきてしまう。井伊直政や榊原康政らを相手に難戦する石田勢。家康の軍勢接近の報を得るに及んで、挟撃を恐れた三成は、己の本領である筑前に戻り鎮西を成し遂げ、西海道から大兵を催して上方に上る策に切り替えた。そのためには日の本最強の兵を擁する島津を倒さねばならない。ここに、More調略上手の家康に大坂城を奪われた石田三成は、佐和山城に退く。家康による近江諸城への反攻が開始されると、三成は丹波・亀山城の確保を狙った。しかし、自ら出陣したものの、城を陥落させる前に、大坂から後詰めの軍勢がやってきてしまう。井伊直政や榊原康政らを相手に難戦する石田勢。家康の軍勢接近の報を得るに及んで、挟撃を恐れた三成は、己の本領である筑前に戻り鎮西を成し遂げ、西海道から大兵を催して上方に上る策に切り替えた。そのためには日の本最強の兵を擁する島津を倒さねばならない。ここに、三成畢生の大勝負の幕が切って落とされた!